プランクと、お腹刺激ダイエットで、すっきりしたけどお腹だけもう一息!

変13
40半ばに差しかかろうとすると、なかなか努力なしでは痩せることは難しくなってきます。
20代、30代前半くらいは、少し増えても、1日仕事したら元どおりになってなんの努力もせずに体系を維持できたものの、30代後半くらいから少しずつ様子がおかしくなり、40代突入しても現実を受け入れられず、ついつい43まで引っ張ってしまい、やむなく何か始めないと?と、動き出すのが自分だけではない、世の中の傾向だと思います。

 

さて、そこで何をするか?と、考えて色々な動画を見ていたところ、たまたま目に入ったのが「プランク」。
プランクというのは、手のひらから肘までを床についた状態で、身体伸ばし、腕立ての体勢のようになり、ひたすら時を過ごすだけのものです。
簡単そうに見えますが、以外ときつくて、最初は20秒からスタートして、10秒づつ毎日増やしていくという感じて、最大4分耐えるという、結構忍耐力のいるものです。
動画で見たモデルさんは、腹筋がバキバキに割れてる人だったので、1ヶ月でそうなれるというプログラムを早速やってみました。
最初は、20秒でも辛かったものが、楽になり、1分も辛かったのが楽になりと、どんどん分数を増やしていっては、楽になるので、あっという間に4分できるようになります。しかし、4分は毎日やってもきついので、腹筋も少しづつ効いてきています。
プランクを続けて3ヶ月。4分は今でもなれませんが、それでも、モデルさんのようなバキバキの腹筋は程遠いため、これは体幹を鍛えるのに向いていて、皮下脂肪は落ちづらいという事に気づき、もう一つ皮下脂肪を落とすためののメニューを独自に考えました。
変14
それが、指を立てて、高速でお腹を刺激しながら上下するものです。
これは、皮下脂肪に刺激をもたらすのと同時に、腕や肩まで筋力がつくという画期的なもので、一挙両得なところがあります。
まだ、やり始めて間もないですが、少しづつ効果も現れているような気がします。
プランクとお腹刺激ダイエットで、バキバキの腹筋を目指します。